GOHGU ストーリー

GOHGU ストーリー

この傘を作るきっかけとなったのは「今はもう本物の日本製の傘なんて無いよ」という傘職人の父の一言でした。その一言に疑問を感じ詳しく話しを聞いてみると、今日本で販売されている日本製(Made in Japan)の傘は海外製の骨に日本で生地を張った物Assembled in Japanの傘だと言うのです。傘は大きく分け手元・骨・生地の三つの部品から成り立っています。その中の一つ、骨は99%以上が海外製のものを使用し、その骨に国内にて生地を張り、手元を取り付けた物が現在一般的にMade in Japanの傘として販売されている物のようで、デパートや百貨店、日本の伝統工芸品を扱うお店でMade in Japanのタグをつけられて販売されている傘も例外ではなく。Made in Japanと表記をすることが出来る為の細かな決まりなどはなく、少し日本で手を加える事でMade in Japanの傘になるとのことでした。当然、骨の製造に携わる私としては納得することは出来ませんでした。当たり前です。傘骨は傘のパーツの中でも圧倒的に部品の数も多く、製作するのに非常に手間も費用もかかるパーツなのです。

この傘を作るきっかけとなったのは「今はもう本物の日本製の傘なんて無いよ」という傘職人の父の一言でした。その一言に疑問を感じ詳しく話しを聞いてみると、今日本で販売されている日本製(Made in Japan)の傘は海外製の骨に日本で生地を張った物Assembled in Japanの傘だと言うのです。傘は大きく分け手元・骨・生地の三つの部品から成り立っています。その中の一つ、骨は99%以上が海外製のものを使用し、その骨に国内にて生地を張り、手元を取り付けた物が現在一般的にMade in Japanの傘として販売されている物のようで、デパートや百貨店、日本の伝統工芸品を扱うお店でMade in Japanのタグをつけられて販売されている傘も例外ではなく。Made in Japanと表記をすることが出来る為の細かな決まりなどはなく、少し日本で手を加える事でMade in Japanの傘になるとのことでした。当然、骨の製造に携わる私としては納得することは出来ませんでした。当たり前です。傘骨は傘のパーツの中でも圧倒的に部品の数も多く、製作するのに非常に手間も費用もかかるパーツなのです。

GOHGU ストーリー

GOHGUの名前の由来

質実剛健な雨具だからGOHGU

日本の傘と言われるとつい番傘を思い浮かべる人が殆どかと思いますが、
日本人が着物を着て刀を腰にさして歩いていた時代から洋傘と呼ばれる傘は日本に存在していました。洋傘が始めて日本に輸入されたのは文化元年(1804年)と言われており日本での洋傘の歴史は200年以上になります。
明治10年頃から材料を輸入して洋傘を作る加工業者が生まれその後明治22年頃、日本に親骨の焼入れができてやっと材料から完成品までを国内で出来るようになりました。 今では海外製の傘が主流になりましたが日本にも日本製の傘を海外に輸出をする程傘の国内製造の盛んな時代もありました。当時の傘の作りは非常に頑丈で飾りけがなく真面目でたくましく、しっかりと出来ており、まさに質実剛健と言う言葉がぴったりの傘でした。
もちろん全ての製造工程は日本にて行われていました。
現在すっかりその姿を消してしまった純国産傘ですが、国内製造が盛んだった当時の傘をもとにデザイン性や防撥水などの実用性を向上させ、現代に復活させたのが純国産傘のGOUGUです。

GOHGU ストーリー

GOHGU 製品情報

名称 GOHGU
仕様 紳士傘(65cm)
傘生地の組成 ポリエステル100% ※TUFREX
傘骨 傘骨屋製国産骨 ※傘骨屋
手元 合板 J字曲げ
価格 25,000円

中棒:樫(ウレタン塗装)/線ハジキ:ピアノ線  石突き:真鍮製(クロームメッキ)/親骨・受骨:スチール製  ボタン:真鍮製(エポキシ加工)

※TUFLEX

ポリエステル100%を使用しています。
従来傘生地は専門の防水加工屋さんに依頼をして生地に防水加工を施してもらいますが。TUFLEXはファインデニールポリエステル繊維を使用し、 高密度に織りあげているので防水加工をする必要がなくソフトな風合いと優れた撥水性を併せ持ったファブリックです。

TUFLEX

特徴

ソフトな風合い

ファインデニール糸を使用しているので、ソフトな風合いがえられます。

撥水性に優れている

ファインデニール糸を高密度に織り上げ、高次撥水加工を施しているので撥水性に優れています。

透湿性に優れている

ノンコーティングのため、透湿性に優れています。

※傘骨屋製国産骨

現在、日本製(made in Japan)と呼ばれる傘に使用されている傘骨は日本で製作した一部の部品を一度海外に送り、その部品と海外で製作された部品と合わせ、海外の工場で組み立てを行い完成したものを日本に輸入した物になります。
GOHGUの傘に使用されている傘骨は各部品の製造、金属加工、メッキ処理、組み立て、など全ての製造工程を国内の職人の手により完結する、傘骨屋の純国産骨を使用しています。GOHGUの全ての傘には傘骨屋の骨が使用されていることの証のブランドタグがつきます。

傘骨屋製国産骨

GOHGU ご注文方法

ホームページの製品情報だけでは詳細などが全て分からないと思います。傘屋でお求めになるのではなく直接職人の手からお客様にお届けとなりますので分からない事聞きたいことがあれば全てお応えすることが出来ます。
納得していただいた上でご購入して頂きたいと思っております。非常にお手数ではありますが商品に興味のある方、ご購入をお考えの方はお手数ですが傘骨屋のお問い合わせのメールフォームよりお願い致します。

TUFLEX
お問い合わせはこちら

▲ Page Top